若い人にも現れる老眼の症状とは?原因や対策法について知ろう

女性

眼精疲労はケアが大事

眼精疲労や老眼症状などは、ほっといても良くなることはないどころか、ますます悪化して深刻なストレスを体に与えます。なので、目の疲れや症状はほっておかずに適切なケアが必要になりますよ。

詳しく見る

目疲れは対策とケアが必要

メガネと書物

スマホ老眼に注意

近年では老眼は年配の人だけではなく、20代や30代の人にも老眼と同じような症状がみられることが多くなっています。原因として考えられるのは、長時間のスマホやパソコンの操作に伴う目の疲労です。パソコンやスマホにはブルーライトの光刺激が含まれているので長時間見続ける事で眼精疲労を引き起こして、目の調節機能を著しく低下させてスマホ老眼と呼ばれるほどの症状が現われます。この症状としては遠くのものは良く見えているが、近くのものが見にくいなどの症状が顕著になります。また小さい文字がぼやけたり、ぱ、ばなどの濁点が見づらく判断しづらい方などは要注意です。このように老眼の症状は若い人にも現れるので、早期での対策が必要となります。

老眼症状の改善と対策

近くのピントが合わないなど、老眼の症状が現われたら目を休ませる必要があるサインです。若い人のスマホ老眼などは改善や対策をすることが可能なので、気づいたら早めの対策を行うようにしましょう。対策としては当たり前のことですが目を長時間酷使しないということです。必ず1時間に1回15分程度は目を休ませることを意識しましょう。また目のストレッチなども意識的に取り入れるようにしましょう。方法としては、遠くを見た後に近くを見るなどこれを繰り返すことで目のピント調節機能をつかさどる毛様体筋をほぐして、機能の低下やコリを予防します。もう1つのストレッチ方法が目をぎゅーと閉じた後に、一気に開きます。これを繰り返すことで目の緊張を緩めて、目の周りの血流を良くする効果がありますよ。このようにちょっとしたケアを心がけるだでも、目の疲れや老眼性の症状への対策となりますよ。

Copyright© 2019 若い人にも現れる老眼の症状とは?原因や対策法について知ろう All Rights Reserved.