若い人にも現れる老眼の症状とは?原因や対策法について知ろう

毎日のケアで眼精疲労を予防しよう

男性

眼精疲労を予防しよう

目の疲れや肩こり頭痛などが慢性的にある場合は眼精疲労である可能性がとても高くなります。眼精疲労とはただの疲れ目とは違い、身体に様々な症状を引き起こします。ドライアイや目の充血、涙が良くでるなどの目の症状の他にも慢性的なめまいや倦怠感、睡眠障害を起こすこともあります。このように眼精疲労になってしまうと、自律神経にも悪影響を及ぼして交感神経優位となり、身体の緊張やこわばりが続くことで様々な身体トラブルを起こして日々の生活に大きな支障をきたすようになります。また、眼精疲労は老眼の症状を進める原因にもなるので、侮ってはいけない目の病気と言っても過言ではありませんよ。このような身体の不調を予防するには、まずは日々の生活で目に対するケアを行うことがとても大事になるので、いま一度、毎日使う目についていたわりの心を持つようにしていきましょう。

目の疲労回復や機能改善に効果的なツボ押し

普段あまり使っていることを意識することのない目ですが、毎日のデスクワークやスマホの長時間利用などで知らず知らずのうちに目はとても疲れています。そしてカラダにも様々な不調を起こし始めます。ここでは日々を快適に過ごすための、目のケアについての方法を紹介します。目の疲労回復やピント調節機能の低下予防に効果的なのがツボ押しです。顔やうなじ、手のひらなどにはたくさんのツボがあり、それらは目につながる神経や自律神経を刺激したり緩めるのにとても効果的になります。例えば、顔の目頭にある両ツボを親指の腹でグッと押し続ける事で、目の疲れを和らげて視界をクリアにしてくれる効果がありますよ。他にも首筋の少し外側のうなじにあるツボなどは、目や首のこりをほぐしたり頭痛を改善するという効果も期待できます。このようにツボ押しによる目への効果はとても高く、すぐに実感することができるので、毎日のスキマ時間にぜひ試してみることをおすすめします。

Copyright© 2019 若い人にも現れる老眼の症状とは?原因や対策法について知ろう All Rights Reserved.