若い人にも現れる老眼の症状とは?原因や対策法について知ろう

眼精疲労はケアが大事

女性

目の疲れには食事が大事?

近年では若い人でも老眼と同じように目のピント機能が衰えて、近くの物が見づらくなるなどの症状が多発しています。これはもちろん、目の使いすぎによるものでもありますが、食生活や栄養の偏りなども原因として関係していることがあります。目にいい食べ物とは、抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンC、Eなどの栄養素が含まれている食べ物です。例えば、レバーにはビタミンAが豊富に含まれているのでおすすめです。レモンや小松菜などの野菜にはビタミンCが含まれ、豆類や魚にはビタミンEが含まれているので意識して摂ることで老眼予防や目のピント機能調節の向上、疲労の回復などが期待できますよ。また、食生活の偏りの他にも、紫外線ストレスなども目の老化を進める直接の原因となるので、天気のいい日の外出時には目を保護するためのサングラスや日傘、帽子なども意識して身につけるようにしましょう。

目を温めよう

眼精疲労や老眼の症状が現われたら、目を温めてみましょう。方法としては軽く濡らして絞ったフェイスタオルを電子レンジで温めます。温かくなったタオルを目の上に置いてじわーと目が楽になるまで置きます。これだけでも目を温めて血流を良くしたり、目の筋肉を緩めるという効果がありますよ。なので、日ごろの習慣としてこの目を温めることを意識していれば目の疲れへの負担も大分軽減することが可能ですよ。合わせて目のストレッチも習慣として行えば効果はより高くなりますよ。

Copyright© 2019 若い人にも現れる老眼の症状とは?原因や対策法について知ろう All Rights Reserved.